Androidの中級者向けの勉強

本を購入して、Androidの初心者向け知識は得た方もいると思います。何度も、サンプルコードを移し、学んでいる方もいるでしょう。ある程度学んでくると、「自分のアプリが作ってみたい」と考えている方もいると思います。

では、Androidの中級者向けの勉強について、ご紹介します。
まず、サンプルコードをいくつも書き写した方は、そのコードを使って自作のアプリを作っていくことがおすすめ。

今まで、様々なパターンのサンプルコードを作成してきたでしょうから、これらを用いて自作のアプリを作ることが出来ます。しっかりと管理していれば、「この時は、あのサンプルコードが便利だなぁ」ということも分かるでしょう。自分でアプリを作成する際には、デザインなども必要となってきますから、中級者となればデザイン本なども購入し、これらを参考にしながら自作アプリを作っていきましょう。

自作アプリが出来れば、上級者の勉強へと進むことが出来ます。上級者となると、Androidのプログラミングなども必要となってきますから、新たな本を購入してくる必要があります。もちろん、サイトなどからも学ぶことが出来ますから、本とサイトを上手に活用して学んでいきましょう。AndroidSDKからは、インポートなどを行うことが出来、サンプルアプリを利用することも出来ます。こういった物を利用することが出来れば、最新の技術なども触れることが出来、新しい知識やスキルも身に着けることが出来るでしょう。

このように、Androidの中級者の方は段階を追って学んでいくことも大切。焦らず、自分のペースで学んでいくことも大切となります。本だけではなく、サイトも利用することで、最新技術も学ぶことが出来ますから、上手に活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です